• ホーム
  • 日本人のED人口は多い?その症状と原因とは?

日本人のED人口は多い?その症状と原因とは?

2020年05月06日

日本人でEDに悩む人の人口はおよそ1130万人と推定されています。
50歳代では約40%、60歳代では約60%の男性がEDに悩んでいます。
口には出さないだけで、意外と多くの人が悩んでいることになるので、あなただけではありません。

EDには大きく分けて器質性ED、心因性ED、薬剤性ED、そして混合性EDがあります。
器質性EDは甲状腺機能低下症やテストステロンの分泌低下などのホルモンの異常によって起きるものや、脳血管障害や脊椎疾患などの神経性の病気が原因で起きるもの、動脈硬化があって起きるもの、包茎や尿道下裂などの陰茎に原因があって起きるものがあります。

この中で現在の日本人に多いのが、動脈硬化によるものです。
陰茎にはたくさんの動脈が走っています。陰茎動脈に十分な血液が流れることで勃起するのですが、動脈硬化があると陰茎内に十分な血液が流れなくなってしまいます。
陰茎の動脈硬化とも言われているのが、EDの状態です。
動脈硬化は高血圧が続くと起こりやすいのですが、日本人で高血圧の人は非常に多く、約8000万人もの高血圧患者がいると推計されています。
高血圧のうち9割以上が本態性高血圧で、いわゆる生活習慣病の一つです。
高血圧にならないようにすることや、高血圧になっても生活習慣を改善したり、きちんと治療をして血圧をコントロールすることが、EDを予防することに繋がっていきます。

心因性EDには、パートナーとの相性や過去に上手くいかずに苦い経験がある等で、性交に対する不安感が強いことが原因で起きるケースが多いです。
薬剤性EDは、薬が原因でEDを引き起こしているケースです。原因とある薬剤には、血圧を下げる薬(降圧剤)があげられています。
降圧剤には何種類かありますが、その中でも利尿薬やβ遮断剤と呼ばれている種類でEDを来すことが多いです。
カルシウム拮抗薬やアンジオテンシンII受容体拮抗薬やアンジオテンシン変換酵素阻害薬といった種類の降圧剤ではそれほどEDを引き起こす心配はありません。

また、抗うつ薬や向精神病薬もEDを引き起こすことがあります。
これらの中でも特に三環系抗うつ薬やSSRIと呼ばれる種類のものはセロトニン濃度が上昇するので、ドパミンやノルアドレナリンを抑制して、性機能を抑えてしまいます。
また、セロトニンが増えると感覚が低下しやすくなる傾向があるため、オーガズムの遅延や射精の遅延につながります。
混合性EDは器質性EDに心因性EDが混合していたり、器質性EDと薬剤性EDが混合しているなどの複数の要因を併せ持っている状態です。
どのようなEDなのかを区別するのは、素人判断では難しいです。専門家の診察を受けましょう。

EDに悩む方は病院で専門医のアドバイスを受けましょう

EDの症状は勃起しないことですが、夜間の睡眠時に勃起しているかどうかが重要です。
肝心な時に勃起しないけど、夜間寝ている間に勃起しているタイプと夜間の寝ている間も勃起しないタイプがあります。
EDで悩んでいる人は専門医のいる病院で診察を受けることをお勧めします。このような悩みはなかなか友達に話せる類のものではありません。

そのためどうしても一人で悩んでしまうことになりやすいです。しかし、一人で悩んでいると余計にこじれる一因にもなりかねません。
心因性EDまで併発して混合性EDになってしまうケースもあるので、一人で悩まず、早く専門医の診察を受けましょう。
EDの専門医のいる病院で、自分の症状やどのようなことに悩んでいるのか等を話すだけでも気持ちが楽になるでしょう。
また、現在はEDに対する薬も数種類出ていて、きちんと治療を受ければ悩みも解決できる可能性が高いです。

すでに何らかの薬を薬局等で購入して服用したけど効果がなかったと言う人も、別の薬にすれば期待通りの効果が得られる可能性はあります。
また、薬以外の治療法もあるのできちんと専門医の診察を受けることが重要です。
そして頻度としては稀ですが、既述しているように、甲状腺機能低下症やテストステロンと言うホルモンの分泌が低下していてEDの症状を来していることもあります。
これらが原因の場合は、不足しているホルモンを補う必要があります。
自己判断で近所の薬局などで治療薬を購入して自己治療するのは、リスクを伴います。

EDになる人には高血圧の人が多いのですが、EDの治療薬は高度の高血圧の人には禁忌となっています。使ってはいけないという意味です。
きちんと高血圧を治療していて血圧が良い状態になっているのなら使ってもOKなので、その辺のことは素人判断しないで担当医の判断を仰ぎましょう。
また、狭心症の発作を抑える薬を飲んでいる人もED治療薬は使えません。それ以外にも禁忌となっている事項がいくつかあります。
きちんと診察を受けて、あなたにとってベストな治療方法を担当医に提案してもらいましょう。

自分自身でできる最大の治療法は、禁煙です。ED患者さんの約8割が喫煙者です。喫煙とEDは関係があることが判っています。
そして喫煙は血圧を上げる原因にもなるので、動脈硬化を促進します。
禁煙は今からでもすぐにできる重要な治療方法の一つです。
尚、あなたのお住いの近くのED治療の専門医のいる病院やクリニックは、日本性機能学会のホームページから検索することができます。
できれば専門医の診察を受けるのがベターです。